読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014年読んで面白かった本

読書 Life

新年明けてしまいましたが、振り返りの意味を込めて2014年読んで面白かった本をまとめます。

ルサンチマン

ルサンチマン 1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

ルサンチマン 1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

人工知能 × ギャルゲー」が描く未来。仮想空間をリアルに体験するためのヘッドギア、キャラクターに実際に触れているような感覚を得るボディスーツ、この未来がやってくることが待ち遠しい・・・。この漫画に出てくるようなゲームをつくっているスタートアップがあったら入りたいです。

マッチ箱の脳(AI)―使える人工知能のお話

マッチ箱の脳(AI)―使える人工知能のお話

マッチ箱の脳(AI)―使える人工知能のお話

ルサンチマンを読んで人工知能について興味を持ち、仮に自分がつくるならどうすればいいかということで読み始めた本。人工知能の仕組みについて、文系の私にも理解できる様な内容で分かりやすく解説されています。入門として学びたい人におすすめです。

フィリピン「超」格安英語留学

フィリピン留学に行くにあたって情報を得る為に読んだ本。著者の実体験をもとにフィリピン留学について丁寧にまとめられています。情報は少し古いかもしれませんが、フィリピン留学を検討している人にはとても参考になると思います。

天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある

天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある

天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある

努力を続けるための方法論について書いていますが、むしろ紹介される著者の尋常ではない努力の内容に興味がいってしまい、その圧倒感と面白さで読み切った本です。

まとめ

振り返ると、何を読んだか覚えてなかったり内容を忘れていることも多かったので、今年は読んだ本を知識として身につけられるように意識していきたいです。